お知らせ

10.12014

再生エネ優遇見直し必死 経産省、家計負担1割増も  の記事より

上記、見出しは9/30日の日本経済新聞電子版よりの見出しです。
先週には、九州電力、四国電力が今後、大型メガソーラーの買取を受け付けないという記事が大きく取り上げられました。
本記事によると、再生エネの導入がこのまま続くと一般家庭の一ヶ月当たりの負担がいまの225円から935円へ4倍強になるとの試算をして、政府としても抜本的見直しを急ぐとのこと。
太陽光1kw当たり32円、発電コストが10円前後の火力と3倍も違うわけですから電力会社の負担は大きく。このまま続くと電気代アップの流れは自明です。
そこで、太陽熱温水器が見直されます。弊社としましても、この時代にあった商品のラインナップを整備し、皆様にご提供したいと思います。(T)
写真は、津和野のカープ(鯉)です。CIMG0364

過去の記事

  1. 4.202020

    ★2020年GWのお知らせ★

    【ゴールデンウイーク期間中の営業休み】いつも日本エコルをご愛顧頂きまして、誠にありがとうござ...

  2. 4.82020

    ★キャッシュレス決済導入!次はYAHOO★

    キャッシュレス・ポイント還元事業に参加しています!前日のAmazonに続き次はYAHOOです★...

  3. 3.262020

    ★古い太陽熱温水器、放置していませんか?★

    古くなった太陽熱温水器そのままにしていませんか?旧式の太陽熱温水器があるんじゃけど、壊れとるけど...

ページ上部へ戻る