お知らせ

10.72014

太陽熱温水器とタンス預金

今回は太陽熱温水器を家庭内設備投資として考えてみましょう。太陽熱温水器を導入するに当たって仮に製品代+工事代含め35万円としましょう。
耐用年数を20年と考え、ここで補助金を導入している鳥取県のある町村を適用すると補助金最大7万円になります。(35-7=28万円)
この家はガス給湯でお風呂を沸かし月平均を4000円削減したとして20年間で(4000*12*20=96万円)
太陽熱温水器の場合ほとんどメンテナンスフリーです。
収支計算すると96万円-28万円=68万円です。
35万円タンス預金した場合と比べ驚くべきコストパフォーマンスです。
さらにガスのプロパン価格の単価は2010年の6400円から現在6900円8%程度の上昇です。(T)
定期預金より立派な金融商品です。IMG_1080

過去の記事

  1. 4.202020

    ★2020年GWのお知らせ★

    【ゴールデンウイーク期間中の営業休み】いつも日本エコルをご愛顧頂きまして、誠にありがとうござ...

  2. 4.82020

    ★キャッシュレス決済導入!次はYAHOO★

    キャッシュレス・ポイント還元事業に参加しています!前日のAmazonに続き次はYAHOOです★...

  3. 3.262020

    ★古い太陽熱温水器、放置していませんか?★

    古くなった太陽熱温水器そのままにしていませんか?旧式の太陽熱温水器があるんじゃけど、壊れとるけど...

ページ上部へ戻る